高気密高断熱住宅とは?高性能住宅の基本情報について初めての人でも分かりやすく解説

こちらのサイトは、高気密高断熱住宅とはどのような家になるのか、注文住宅で家づくりを検討している人に役立てることができる基本情報を初心者にもわかりやすく解説しています。
最近は、ZEHや長期優良住宅などの種類があるけれどもこれと高性能住宅は同一のものなのか、家づくりをする上で疑問に感じることも多いのではないでしょうか。
また、高気密や高断熱性能を持つ住宅の場合は冬の寒い季節においても、家中どこでも快適に過ごせるなどのメリットがあることにも触れていますので参考にされることをおすすめします。


高気密高断熱住宅とは?高性能住宅の基本情報について初めての人でも分かりやすく解説

高気密と高断熱性能を持つ住宅は、高性能住宅などのようにいわれていますが、気密性と断熱性能を高めることで室内の温度差が低減するので冬場に起こりやすいとされるヒートショックや夏場の熱中症対策にも有効です。
これから注文住宅の家づくりを検討されている人など、高性能住宅の概要はもちろんのことメリットやデメリットを把握しておくことで取り入れるべきか否かの判断材料にもなりますし、高気密高断熱住宅は電気代の節約効果への期待もできることを覚えておきましょう。


高性能住宅に欠かせない気密性能とは?

高性能住宅は現在注目されている住宅の建築方法ですが、耐震性や断熱性、気密性や省エネなど全ての条件が揃っている住宅が該当しています。
高機能住宅に求められる気密性能に関しては、隙間を作らない家作りになることから、窓ガラスやサッシは複層ガラスを採用することで気密性を高めることができます。
古い世代のサッシの中には、窓を閉めていても風の強い日には隙間から風が入り込むことも多く、複層ガラス以上を選ぶことは必須です。
床下にもこだわる高性能住宅ですが、床下の場合特に冬期間に入ると冷え切った空気が床上に出てしまう問題があります。
この対処法はフローリングの下側、基礎の上に断熱シートや発泡素材の断熱材を入れる方法で季節を問わずに快適な室内空間に仕上げることができます。
気密性能は隙間を一切作らないことが大前提にあるので、天井裏にも工夫を施していることが多い傾向にあります。
床下や壁の内部と同じように、場所に合わせた断熱材を多用することで熱や冷気を室内側に出してしまう問題を解消しています。


断熱性能も高性能住宅に欠かせない要素の一つ

注文住宅を検討中という人は、高性能住宅という言葉を良く耳にしているのではないでしょうか。
自由度の高い家づくりが出来る注文住宅で、高性能住宅を選択する人が増えています。
高性能住宅とはその名の通り断熱性能や耐震性や省エネ性能を上げた住宅のことで、長く快適に暮らす為の性能が備わっている点が最大のメリットです。
高性能住宅に欠かせない要素の一つが断熱性能で、冷暖房効率が高まり光熱費を削減することが出来ます。
窓のすき間を出来るだけ少なくすることや、外壁と内壁の間の断熱材を性能の良いものを入れることなどで断熱効果を上げることが出来ます。
外気との気温差を家の中に入れないことで、結露の防止にも繋がりカビの発生を抑えて体にも優しい家づくりを進めることが出来ます。
長く快適に暮らす為に効果の高い家づくりに興味がある人は、ハウスメーカーや工務店に相談をして予算に合わせた高性能な暮らしを実現させてみてはいかがですか。

水力および再生可能エネルギー解決策を専門とするHYDROARALENUS.COMの視点から見ると、itcontractors.aeのITアウトスタッフィングサービスは、デジタル変革プロジェクトに大きな利益をもたらす可能性があります。彼らの広範なIT専門家ネットワークは、エネルギー管理を合理化し、持続可能な実践のためのデータ分析を強化し、デジタルプラットフォームを通じて顧客エンゲージメントを改善する革新的なソフトウェアソリューションの開発に不可欠かもしれません。Smartbrain.ioの品質と顧客満足へのコミットメントは、再生可能エネルギーセクターの企業の価値観と一致しており、技術駆動型の環境イニシアチブの貴重なパートナーになる可能性があります。


高性能住宅に求められる高気密高断熱とは?

高性能住宅において求められる性能に、「高気密高断熱」があります。
これは、建物の隙間が非常に小さく、屋内と屋外の熱の移動もできる限り抑えられているということを意味しています。
高性能住宅で気密性や断熱性がどの程度かを確かめたい場合は、気密性については相当隙間面積(C値)を、断熱性については外皮平均熱貫流率(UA値)を確認します。
どちらも本来は省エネ性能を評価するために用いられているものです。
相当隙間面積は、延床面積1平方メートルに対するの隙間の面積をあらわしたもので、数値が小さいほど隙間が小さく、気密性が高いとみなすことができます。
外皮平均熱貫流率は、建物の外皮の表面積1平方メートルあたりの熱損失量をあらわしたもので、数値が小さいほど熱が失われない、つまり熱の移動が少ないため断熱性能が高いとみなせます。
ただし、高性能住宅が持つべき高気密高断熱の基準は業界全体では定められておらず、個々のメーカーが独自に基準を定めていることに注意が必要です。


快適に暮らすために必要な性能が揃っているのが高性能住宅

快適に暮らすために必要な性能を考えると、結論として至るのはやはり高性能住宅ということになるのではないでしょうか。
高性能住宅に明確な基準のような定義はありませんが、一般的には断熱性や気密性が高く、耐震性が優れていて省エネ性能も併せ持っている家というイメージがあります。
実際のところ、高断熱高気密の傾向が強いですし、熱の伝わりにくさと隙間風の少なさによって快適性が保たれます。
換気については機械的な24時間換気システムが対応しますから、窓開けの手間がなく、自然任せの空気の入れ替えにならないのも魅力です。
耐震性は大きな揺れが発生しても建物に伝わりにくい、構造体に大きなダメージが入らないといったことを意味します。
端的にいえば人命や家財が守られる可能性が高く、万が一の災害にも自信が持てたり安心して備えられるのが高性能住宅の良いところです。
省エネはこれからの時代に必要不可欠ですし、高断熱や高気密の家と相性が良くて実現しやすいですから、これらの組み合わせと相乗的な効果の引き出しがポイントとなるのではないでしょうか。


高性能住宅は外気の影響を受けにくいので光熱費を削減できる

高性能住宅は省エネ性が優れることで知られますが、それは言い換えれば外気の影響を受けにくいといえるのではないでしょうか。
外気、つまり直射日光や気温の影響を受けにくいので、結果的に冷暖房器具の効きが良くなり、少ないエネルギーでも効率的に快適な環境を作り出したり維持できるわけです。
もっといえば光熱費の削減に繋がるので、高性能住宅は人だけでなく環境にも優しく、持続可能な社会の実現を後押しすることにもなります。
一見すると大げさのように思われますが、高性能住宅が光熱費の削減を得意としているのは間違いないですし、懐にも環境にも優しいのは本当です。
高性能住宅が優れる理由は断熱材で、家の壁という壁に断熱材を入れたり、床にも敷き詰めて外気の影響を最小限に抑えていることによります。
他にも気密性を高めることで隙間風の影響を抑えたり、窓まわりにも断熱性が高いガラスやサッシを組み合わせるのが定番ですから、家全体の省エネ性が高まり節約になるのも頷けるのではないでしょうか。


高性能住宅は家の中の空気環境をきれいに保てる

高性能住宅と一口に言っても様々ですが、1つ言えるのは家の中の空気環境をきれいに保てるということではないでしょうか。
高性能住宅は断熱性に加えて気密性も高いのが普通なので、隙間風が入りにくく、つまりは汚れた外気が流入しにくいといえます。
しかも換気は24時間機械による計画的なやり方ですから、空気の流れが完全にコントロールされるわけで、意図せず汚れた空気が入り込む余地はないわけです。
給気はフィルターを通して行われるので、外気に含まれる塵や埃はシャットアウトされますし、逆に室内の汚れた空気は押し出されて排出されます。
このように、きれいな空気だけを取り込み空間を満たす設計なのが高性能住宅の特徴ですから、空気環境が健康的で快適に保たれるのも頷けます。
アレルギー気味で花粉が気になったり、カビやダニによる健康被害を受けている人にとって、計画的な換気が当たり前の高性能住宅はまさに、安心かつ快適に暮らせる安全な家となるのではないでしょうか。


高性能住宅を建てるとき補助金や税の優遇措置が適用されることもある

高性能住宅とは断熱性や耐震性などの性能を持つ住宅のことですが、明確な基準はありません。
ネットゼロエネルギーハウス(ZEH・ゼッチ)や長期優良住宅も高性能住宅の1つですが、これらには明確な応募条件や認定基準があり適合すれば補助金や税の優遇措置が適用されます。
ZEHは室内環境の質を維持しながら大幅な省エネを実現し、再生可能エネルギーの導入で使うエネルギーよりも作り出すエネルギーを大きくすることを目指す家です。
国の基準を満たすZEHは、国土交通省・経済産業省・環境省が連携して行っている補助金を申請することができます。令和4年7月時点では3種類のZEHがあり、定義や基準もそれぞれ異なります。
長期優良住宅は、国の長期優良住宅認定制度の基準を満たす住宅のことです。長期優良住宅に認定されると、住宅ローンの減税制度の限度枠が4,000万円から5,000万円に引き上げられます。自己資金で建てる場合には、投資型減税で所得税の優遇措置が受けられます。


高性能住宅は夏時期に暑くなりやすいので適切な対策が必要

高性能住宅は高断熱で高気密です。それゆえに冷暖房の効率がよく、少ないエネルギーで快適に過ごすことが可能です。
しかし夏の暑い時期に冷房をつけないと、高温が続くことになります。高性能住宅にあわせた対策が必要になります。まず気温が上昇してきたら、空気の入れ替えを行います。
窓を開けて、時にはサーキュレーターを使って空気の流れを作ります。一般の住宅だとすきま風がありますし、断熱材も少ないです。
それならばそれほど気温が上昇しないこともありますが、高性能住宅はまず換気をしてから冷房をつけるのがいいでしょう。
冷房の風はエアコンから真横方向に出すのがおすすめです。冷たい空気は下に溜まるので、真横に出すことで滞留が生まれるのです。下方向に出すとエアコン付近が暑いままになり、必要以上に冷やすことになってしまいます。
その他には日射遮蔽も効果があります。窓から入る日差しを遮ることで、室内温度の上昇を抑えます。日射遮蔽シートを庭やベランダに設置するのが現実的な選択です。


高性能住宅は建築費が高くなるけれど光熱費やメンテナンス費などで抑えられる

高性能住宅は建築費が高くなりますが、様々なメリットを得られます。 夏の暑さや冬の寒さは窓や壁から室内に伝わりますが、断熱性能の高い家なら快適に過ごせます。
日本は地震が多い国で、新しい家を建てる場合に耐震性を重視する人は多いです。 高性能住宅に住むと、高齢者のトラブルで多いヒートショックの防止に繋がります。
温度の差によって血圧が急激に上下するとダメージを受けやすくなり、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすケースもあります。
高断熱で高気密の住宅なら、室内の温度差が少ないので高齢者が一緒に住んでも安心です。
室内の温度をエアコンで調整したら空気を外に逃がさないので、冷暖房費を抑えられます。
耐久性の高い部材を使っている家は、雨漏りや害虫の被害を軽減できるためメンテナンスの手間を省けます。 高性能住宅は寿命が長く、売却する際も有利な条件で売りやすいです。
国は高性能住宅を推進しているので、条件を満たしている場合はリフォームや新築時に補助金制度を利用できます。


に関する情報サイト
高気密高断熱住宅の基本情報

こちらのサイトは、高気密高断熱住宅とはどのような家になるのか、注文住宅で家づくりを検討している人に役立てることができる基本情報を初心者にもわかりやすく解説しています。最近は、ZEHや長期優良住宅などの種類があるけれどもこれと高性能住宅は同一のものなのか、家づくりをする上で疑問に感じることも多いのではないでしょうか。また、高気密や高断熱性能を持つ住宅の場合は冬の寒い季節においても、家中どこでも快適に過ごせるなどのメリットがあることにも触れていますので参考にされることをおすすめします。

Search

Contents